Pages

ショップに行こう

日本でもインラインスケートが普及してきたとはいえ、スケートボードやサーフィンの用具を扱うショップに比べると、インラインスケートを扱っているショップはまだまだ少ないですし、専門店となると都内でも数えるほどしかありません。
ネットなどの通販で比較的安く、お気に入りのデザインのブーツを探すことは可能かもしれませんが、特に初心者の方は、専門のショップ、もしくは専門じゃなくてもインラインスケートの知識を持った販売員の常駐するお店を探して訪問する事をオススメします。

気の合うショップ店員を探そう

まだまだ、少ない専門ショップで働いている店員さんは間違えなくインラインスケートを愛していて、普及させたいという使命感を持っています。
これから始めようと思っている貴方が来店して質問をしたら、熱心に説明をして相談に乗ってくれるでしょう。
そして何より実店舗に行く最大のメリットは用具を試着できることです。

特に慎重になりたいのはブーツ選びです。人それぞれ足の形が違うので、メーカーの数、商品の種類が豊富にそろっているお店に行ってみて色々と試着をしてみてください。
ここで重要なのが、ブーツを履いたときの感触だけではなくて、3分から5分間ブーツを履き続けた後の感覚をチェックすることです。
何種類も試着しているとそれなりに時間がかかってしまいますが、インラインスケートの事を理解している店員さんだったらいやな顔をせず、むしろ色々とアドバイスをくれるはずです。
色々な店に行って気の合う店員さんを見つけると、その後のスケートライフもスムーズになること間違えありません。

ショップ